にきび(ニキビ)のあと・その治療で大丈夫?
夏だからこそ、ぐっすり眠りたい

2007年07月30日

にきびあと

にきびあととは、にきびが悪化して炎症を起こし、皮膚組織が破壊されたためににきびのあとが陥没してクレーターやケロイド状になったものです。この状態になれば、自然に治ることはありません。

にきびあとをの残さないためには、初期のにきびのうちに治すか、正しいにきびケアが大切です。上手くいけば、あとが残らない場合もあります。

にきびあとのクレーターは凹んだり、凝りになったにきびあとがクレーターのように見えることから、このように呼ばれています。

クレーターはにきびのケアが間違っていたり、にきびを悪化させたてしまうことでできてしまいます。にきびの初期段階で適切な手当をし、治療していれば、クレーターのようなあとになることは滅多にありません。

クレーターは皮膚の真皮部分が破壊されています。自然治癒はありません。皮膚科など専門医による治療を受ける必要があります。

女性の戦闘服?
タグ:ニキビ
posted by 管理人 at 09:59| ニキビあと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。