にきび(ニキビ)のあと・その治療で大丈夫?
夏だからこそ、ぐっすり眠りたい

2007年08月08日

にきびのあとが凸凹に

にきびが悪化して皮膚の組織を壊してしまうことがあります。こうなってしまうと、肌の再生ができず、皮膚の表面が凸凹(でこぼこ)になってしまいます。

炎症にきびがつぶれてしまったときや、化膿にきびの腫れが引かなかったことが要因となります。

凸にきびは肌のターンオーバーによって少しづつ治っていくこともあります。一方、凹にきびは肌を盛り上げる方法があります。コラーゲンやエラスチンの生成を促します。その方法としてヒアルロン酸やコラーゲンを直接注入する治療法もあります。

にきびあとに美容液を用いることでにきびあとを改善させる効果が期待できます。にきびあとの美容液に含まれる成分は、ビタミンC誘導体のほか、ビタミンA、E、グリチルリチン酸ジカリウム、イオウ粒子などがあります。

ビタミンC誘導体は色素沈着のにきびあとに効果があるといわれています。フルーツ酸を配合した美容液は古い角質を落としやすい性質があります。

女性の戦闘服?
タグ:ニキビ
posted by 管理人 at 15:15| ニキビあと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。