にきび(ニキビ)のあと・その治療で大丈夫?
夏だからこそ、ぐっすり眠りたい

2007年07月29日

鼻と口の周りのにきびの原因

鼻にきびは皮脂の分泌過剰と肌の汚れや古い角質などで毛穴が詰まることが原因です。鼻の周りと鼻の穴の中にできるにきびのことを鼻にきびといいます。

おでこから鼻にかけてのTゾーンは皮脂の分泌が多く、特に鼻は黒にきびができやすい場所です。鼻の毛穴は他の場所と比べると、奥が深く、皮脂が溜まりやすい特徴があります。そのため黒ニキビができやすくなる傾向があります。

注意してください。黒にきびを無理に取り除いたりしないでください。そんなことをすれば、細菌が入りやすくなり、化膿することもあります。また、毛穴が開いたままになって汚れが詰まりやすくなってしまいます。

口の周りにできるにきびはストレスやホルモンバランスの乱れや皮膚の乾燥、不規則な生活が主な原因と考えられています。

食べ過ぎや油を多く含む食品を食べたときにも口の周りににきびができることがあります。胃腸の健康にも気をつかいたいものです。

それから口の周りを触って過剰に刺激を与えることも、口周りにきびの原因となります。
女性の戦闘服?

ラベル:ニキビ
posted by 管理人 at 09:00| ニキビの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

頬とこめかみにきびの原因

頬にきびは皮脂の過剰分泌と古い角質や汚れなどで毛穴が詰まることが原因です。頬にきびは思春期にも大人にも見られます。

頬にきびはにきびあとがクレーターやケロイド状になるほど重症なることがありますが、このような状態になるのは、思春期にできるものが多いようです。

頬は汚れや汗がつきやすいく、にきびになりやすい場所です。白にきびや黒にきびのうちに正しいお手当をすることが大切です。放置したり、いい加減なケアをしていると、赤にきびから膿にきびにまで悪化しています。

頬にきびは早い段階でのケアがにきびあとを残さないための決め手になります。頬は面積も広く、冷たい風や紫外線等の影響を直接受けやすい所です。乾燥にも注意し、普段から保湿にも気を配ることが大切です。

こめかみにきびの原因はストレス、イライラによるホルモンバランスの乱れです。また、シャンプーやリンスなどの洗髪料のすすぎが不十分であったり、成分そのものが体質に合わないことも要因のひとつと考えられています。

こめかみは皮脂の分泌も多く、しかも洗顔する際、洗いにくくて、すすぎにくい、という場所なので、汚れが毛穴を詰まらせやすいということもにきびを誘発していると考えられています。それだけではなく、ストレスも影響しているようです。

女性の戦闘服?
ラベル:ニキビ
posted by 管理人 at 10:00| ニキビの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

おでこと首にきびの原因

おでこ(額)にきびの原因は皮脂が過剰に分泌することで、毛穴が詰まってしまうことです。他の多くのにきびと原因は同じです。思春期に多く見られるにきびです。

おでこにきびは前髪がおでこにかかって刺激することによって発生することもあります。シャンプーやリンスなどのすすぎ残しや整髪料の成分がおでこの皮膚を刺激し、にきびになってしまうこともあります。すすぎを十分にしたり、自分の肌に合った化粧品を選ぶことも予防や改善に繋がります。

首にきびの原因はおでこにきびとは異なります。ストレス、生理不順、貧血、冷え性が原因となってホルモンのバランスを崩すことが引き金になります。

首にきびは、大人に多いことが特徴です。不規則な生活習はが男性ホルモンの過剰分泌を招きます。その結果、皮脂が多量に分泌され、毛穴が詰まり、にきびにができてしまいます。

最近の首にきびの原因の主なものは、整髪料です。ワックスやムース、ジェルによる肌への刺激、特に汗に溶け出した成分が首の毛穴を詰まらせることによって引き起こされます。肌に合わない場合は、使用を避けた方がよいでしょう。

ホントに効果が…
ラベル:ニキビ
posted by 管理人 at 09:33| ニキビの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

顔以外のにきびの原因

背中にきびは皮脂が過剰分泌することと古い角質や汚れなどが毛穴に詰まることによって発生します。洗髪の時にすすぎが不十分でシャンプーの成分を残してしまうことも原因のひとつです。

背中は自分で見ることが滅多にない部分なので、にきびの発生に気付くことが遅れがちです。その上人目に付くことがありません。発症してもしばらくは放置してしまうことが多いようです。しかし、ほったらかしにしておくと、にきびは知らず知らずのうちにどんどん広がっていきます。

シャンプーや石けん類は落ちやすい物を選びましょう。しかも使用は適量を心がけることも大切です。たくさん使ったからといって、肌の汚れがたくさん取り除かれるわけではありません。

顎(あご)にきびの原因はストレスとホルモンバランスの乱れが主たるものだと考えられていますが、紫外線等による外的刺激も要因のひとつに挙げられます。

思春期を過ぎて顎にできるにきびは大人にきびといわれ、思春期にできるにきびとは区別されています。近代社会ではほとんど避けて通ることのできないストレスやホルモンバランスの乱れが原因です。皮膚が清潔に保たれていないことも関係しています。

顎にきびは女性の場合、生理によって起こることがあります。やはりホルモンのバランスが乱れることが原因です。その結果、皮脂の分泌が多くなり、毛穴が詰まってにきびを引き起こします。

女性の戦闘服?
ラベル:ニキビ
posted by 管理人 at 10:12| ニキビの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

にきびの原因(その他1)

化膿にきびは赤にきびを放置していることが原因です。赤にきびを放置したままにしていると、炎症が悪化します。にきびが膿を持ち始めることになります。これが化膿にきびです。

化膿にきびは黄にきび、膿疱性ざ瘡(のうほうせいざそう)と呼ばれることもあります。膿の黄色っぽい色が透けて見えることがその理由です。一番重度のにきびです。治癒した後、クレーター状やケロイド状のにきびあとが残ることも珍しくありません。

大人にきびの原因は複雑でわかりにくいといわれています。主な原因としては、ストレスや不規則な生活、食生活の乱れが考えられます。また、スキンケアや化粧品の使い方に問題があることも挙げられています。

大人にきびは口の周りや顎、首などに発生しやすいにきびです。思春期にきびとはできる原因が異なります。

大人にきびはストレスと生活習慣の改善やホルモンバランスを正常に保つことによって、予防することができますし、改善することが可能です。

ホントに効果が…

女性の戦闘服?
ラベル:ニキビ
posted by 管理人 at 09:12| ニキビの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

黒にきびと赤にきびの原因

黒にきびは皮脂の過剰な分泌や汚れ、紫外線、ストレスなどが原因です。黒にきびは白にきびが進行したものです。

黒にきびは白にきびの頃には閉じられていた毛穴が、排出されずに溜まった皮脂によって押し上げられ、毛穴が開きます。そのため毛穴に詰まっていた古い角質や皮脂などが表に出て空気に触れて酸化し、黒ずんでしまいます。

鼻のあたりにできやすいので、目立ちやすいにきびです。でも、つぶしたりしないでください。下手をすれば、にきびあとが残ってしまいます。

黒にきびが更に進むと、赤にきびになります。皮膚が炎症を起こしている状態です。にきびの中では重度の症状です。もっとひどくなれば、膿を持つようになり、にきびあとになり、残っていまうおそれもあります。

ホントに効果が…
ラベル:ニキビ
posted by 管理人 at 09:54| ニキビの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

白にきびの原因

にきびはホルモンバランスの乱れと毛穴のつまりで増殖したアクネ菌(アクネ桿菌)が、皮膚の炎症を引き起こすことが原因と考えられています。

特に思春期には男性ホルモンが多く分泌され、その刺激を受けて皮脂も盛んに分泌されます。そのため皮脂を多く分泌する毛穴が詰まり、溜まった皮脂を栄養にしてアクネ菌(アクネ桿菌)が増殖し、炎症を引き起こします。

思春期を過ぎた大人のにきびはストレスや生活習慣の乱れによるホルモンバランスの崩れや食生活によるものなど原因は様々です。

初期段階の白にきびはホルモンバランスの崩れによる過剰な皮脂の分泌やストレスなどが原因です。

白にきびは黒にきびの前段階のにきびです。男性ホルモンの分泌が活発になることで皮脂の分泌が過剰になり、毛穴を塞いでしまいます。

毛穴の中では皮脂と古い角質が混ざり合い、その結果、角栓が作られます。行き場を失った皮脂は、毛穴の中に閉じ込められていまいます。この皮膚を通して、角栓と皮脂が見える状態が白にきびです。

女性の戦闘服?
ラベル:ニキビ
posted by 管理人 at 13:47| ニキビの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

にきびの原因

実はにきび(ニキビ)のできるメカニズムは完全には解明されていません。一般にチョコレートなど特定の食品の食べ過ぎや性行動が原因とささやかれていますが残念ながら、これらには科学的根拠はありません

思春期に発生するにきびはテストステロンの分泌量が移行することに伴う反応であることが多くほとんどの人はその反応は時が経つに連れ減少します多くのケースで20代前半までにはにきびは改善するか減少します。

現在日本で赤くなったにきびの治療使われているのは外用の抗菌剤や抗炎症剤です。内服薬では皮膚の新陳代謝を促すビタミンB2、皮膚の抵抗力を高めるビタミンB6の他、色素沈着などを防ぐ為にビタミンCが使用されます。

こうしたにきび薬の効果は体質にもよりますが思春期の男性の場合にはビタミンB群の錠剤を摂取することで症状がすっかり改善される人もいます。

このような人の場合は体内ににきびの原因があるわけですから、洗顔で皮膚を清潔に保ったとしても、にきびの発生を根本的に抑えることにはなりません。

ホントに効果が…
ラベル:ニキビ
posted by 管理人 at 09:36| ニキビの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。